シミ(しみ) ステロイド

ステロイドでシミができてしまうの!?

 

軟膏の画像1

 

ステロイドといえばアトピーや多くの皮膚炎で処方される事が多いですが強い効果な分、副作用があります。

 

副作用でシミになってしまうや、黒ずんでくるなどと噂されていますが、実際にはどうなのかを調べました。

 

ステロイドによってシミになってしまうのかなど効果や副作用も一緒にご説明します!

 

ステロイドでシミになる?

 

ニキビや湿疹などが治まった後は色素沈着してしまいます。

 

一時的なものなので、治りは遅いですが自然になくなっていきます。

 

ステロイドを幹部に使用しても、自然治癒で治しても色素沈着はしてしまうのでステロイドを使った方がそこだけシミになった!や、ステロイドを塗ったところだけ黒くなった!と勘違いされているようです。

 

ステロイドにはシミや黒ずみになるような副作用はありません。

 

なのでステロイドでシミになるという事はなく、皮膚の炎症が治まった後にできる「跡」の事をステロイドのせいだと勘違いされてしまったという事ですね。

 

たしかに強いステロイドは顔の使用におすすめされていませんが、強いステロイドを使い続けると皮膚が薄くなったり、毛細血管が浮き出てしまうなどの副作用があるため、顔には弱いステロイドがおすすめされています。

 

ステロイドとは

 

そもそもステロイドとはどういった薬なのかをご説明します。

 

一番多くステロイドが使われているのがアトピー性皮膚炎です。

 

アレルギー反応を抑え、症状を鎮める効果があり、様々な炎症などに使われている外用薬です。

 

アトピーや湿疹などの皮膚の炎症の他にもリウマチや肺炎、ぜんそくの治療などに使われる場合もあります。

 

最も弱いウィークからミディアム、ストロング、ベリーストロング、最も強くいストロンゲストと分類されます。

 

子供や赤ちゃんの体にはストロングいが主に使われ、顔にはメディアムが主に使われます。

 

また、クリームタイプや軟膏、ジェルやローションタイプのステロイドがありますので、ステロイドの強さや患部への浸透性を考え、症状によって使うタイプは異なります。

 

副作用に注意

 

ステロイドの使用を開始すると短期間は問題ないのですが長期間の場合、ステロイド使用前よりも症状が悪化してしまったり、使用のやめ時がわからなくなってしまうので、使用前に医師とよく相談して下さい。

 

強いステロイドを使い続けると副作用が出てしまう可能性が高くなります。

 

ステロイドの副作用とは、

 

細菌感染

主にニキビが細菌感染してしまう例が多く、ニキビの炎症が広範囲に広がります。細菌感染でできてしまったニキビはなかなか治らず、抗生物質が良く効くといいますが、まずは医師に相談してみるのが良いでしょう。

 

毛が濃くなる

男性ホルモンの分泌が低い場合によく現れます。男性にはあまりありませんが、女性や子供などが多いです。ステロイドには男性ホルモンに似ている作用が含まれます。そのため毛が濃くなったり増えてしまう場合があります。

 

皮膚が薄くなってしまう

薄くなった皮膚に気づかない方も多いですが、強いステロイドを長期間使うとなりやすく、ステロイドの使用をやめると治ります。

 

毛細血管が見えるようになる

細い血管が浮き出てしまい、赤くなります。痛みがあるので速やかに受診するようにしましょう。

 

以上の副作用が出てしまうケースが多くあります。

 

ステロイドの使用には医師とよく相談する事が大事です。

 

 

 

関連ページ

シミに効果のあるサプリの賢い選び方!
シミに効果のあるといわれるサプリはたくさんありますが、どれを飲めばいいか迷いますよね。シミ対策サプリの選び方と効果的な飲み方について調べてみました。
メラニンの色素沈着がシミになる!恐怖のメカニズム
シミはメラニン色素が色素沈着することによって起こります。色素沈着を防いでシミを予防する方法は無いのでしょうか?調べてみました。
質の良い睡眠がシミを防ぐ鍵!
睡眠不足が美容の大敵というのは常識ですが、肌荒れだけでなくシミの原因にもなるということを知っていましたか?シミを防ぐ質の良い睡眠をとる方法について調べてみました。
男性だって美肌になりたい!シミ対策のすすめ
男性の美意識も高まっている今、シミに悩んでいるのは女性だけではありません。男性におすすめのシミ対策について調べてみました。
病院かお店か?シミ用塗り薬はどこで手に入れる?
シミは塗り薬で治療することができます。皮膚科で処方されるものから、市販されているものまでさまざまですが、シミに効く塗り薬にはどんなものがあるのか、調べてみました。
内服薬でシミを治す!効果が高くリスクが低い第3類医薬品
シミの治療には内服薬で内側から働きかけることも有効です。シミに効果のある内服薬には、皮膚科に行かなくてもお店で買えるものもあります。どんな製品を選べばいいのか見ていきましょう。
米のとぎ汁でシミ予防!ゼロ円でできるスキンケア
米のとぎ汁で洗顔したりパックしたりすることでシミを予防できるって知っていましたか?最近話題の米のとぎ汁洗顔で、お金をかけずにシミ対策する方法について調べてみました。
野菜を食べてシミを減らそう!効果的な食べ方とは?
野菜を食べることは健康のためだけでなくシミ予防にもいいことです。どんな野菜をどんなふうに食べるとシミ予防に効果的なのか調べてみました。
シミに効く!?椿油の効果と使い方
椿油ってヘアオイルなど色々なものに使われていますが、シミにも効果が期待できるんです!そんな椿油のシミへの効果や使い方をまとめました!
シミにも効果あり!?プロポリスの美白効果
プロポリスの美白効果でシミを予防できるのをご存知でしたか?プロポリスのシミへの効果、美白効果をまとめました!
驚くべきハトムギのシミへの効果
ハトムギがシミにも効果があるというのはあまり知られていませんが、実は驚くべき効果があったんです!ハトムギがシミにどういった効果があるのかご紹介します!
シミが消える!?美白になれる酒粕の効果とは?
酒粕は甘酒などのイメージがありますが、実は美容効果が非常に高くシミなど、美白に優れています。酒粕のシミへの効果や美白になれる方法などをご紹介します!
産後はシミや肝斑(かんぱん)ができやすい?
妊娠中や産後は肌が荒れたり、シミや肝斑(かんぱん)ができたりとトラブル続きですよね。妊娠中や産後になぜシミや肝斑(かんぱん)ができやすいのかをご説明します!
シミの改善ならターンオーバーの促進が大事!
シミをどうにかしたい方はターンオーバーを正常にしてあげるのがなにより大事なんです!どうしてシミにターンオーバーが大事なのかをご説明します!
シミや美白にビタミンCが効果的!
美容に欠かせないビタミンCですが、シミや美白にもてとも効果があります!そんなビタミンCのシミや美白への効果や、含まれている食べ物などをご紹介します!