シミ(しみ) 内服薬

内服薬でシミを治す!効果が高くリスクが低い第3類医薬品

 

錠剤の画像

 

皮膚科や美容クリニックなどの医療機関でシミの治療をする時、レーザー治療や外用薬の使用といった肌に直接働きかける方法だけでなく、内服薬を使用して体の内側から働きかけるという方法もとられます。

 

医療機関でなければ受けられないシミ治療もありますが、内服薬ならドラッグストアなどで手軽に購入することができます。

 

シミに効果のある内服薬は、薬といっても副作用などのリスクが少なく、その上サプリよりも効果が高いのでおすすめです。

 

サプリと内服薬の違い

 

現在、シミの予防や改善に効果があるとされているサプリはたくさん出ています。

 

ですが、サプリメントは内服薬ではなくあくまでも健康食品という扱いなので、効果や効能についてはっきりと名言することが許されていません。

 

また、内服薬ではないということで全ての成分と含有量を表示する義務も負っていないので、利用者からするとシミに効果がある製品の判断が難しいといえます。

 

シミの治療に効果のある内服薬のうち、ドラッグストアや通信販売で購入できるものは、薬事法によって第3類医薬品に分類されている製品です。

 

こちらは内服薬なので、どんなことに効果があるのかがきちんと説明されていますし、成分表示もしっかりされています。

 

第3類医薬品は効果や効能が認められた医薬品でありつつ、処方箋なしで販売しても問題がないと判断されたリスクの少ない内服薬なので、安心して服用することができます。

 

シミ治療に効果のある成分

 

シミの予防や改善に効果のある内服薬のほとんどに、

 

  • L-システイン
  • アスコルビン酸
  • トラネキサム酸

 

のどれかが配合されています。

 

L-システインは新陳代謝をアップさせて体内のメラニン色素の排出を促し、黒色化したメラニンを無色にする還元作用を持つ成分です。

 

アスコルビン酸というのはビタミンCのことで、メラニンができるのを抑える作用や、還元作用、抗酸化作用などを持った、シミ対策には定番の成分です。

 

L-システインとアスコルビン酸は同時に摂取すると相乗効果でシミへの効果が高まるので、一緒に配合されていることが多いです。

 

トラネキサム酸はシミの中でも肝斑に効果を発揮する成分ですので、今お悩みのシミが肝斑の場合は、トラネキサム酸が配合された内服薬を選んでください。

 

おすすめのシミ対策内服薬

 

シミに効く成分を理解して、症状に合った内服薬を選ぶことが大切です。

 

L-システインやアスコルビン酸といったシミに効果の高い成分が配合されているものの中で、プラスαの特徴を持つ内服薬を紹介したいと思います。

 

ロスミンローヤル(アインファーマシーズ)は、L-システインとアスコルビン酸はもちろん、ローヤルゼリーや生薬が配合された、シミだけでなく女性の不調全般を改善してくれる内服薬です。

 

血行を良くして新陳代謝を上げるので、シミの原因となるメラニンの排出をスムーズにし、冷えや肩こりなどの体の不調にも効きます。

 

シミ治療の内服薬として有名なキミエホワイトプラス(富山常備薬グループ)は、シミ対策だけでなく、肉体疲労の回復やビタミンCの補給もしてくれます。

 

L-システインとアスコルビン酸に加えて、抗炎症作用のあるリボフラビンが配合されています。

 

リボフラビンとはビタミンB2のことで、体が受けたさまざまなダメージを回復してくれます。

 

ホワイピュア(ジェイフロンティア)はとにかくビタミン類を豊富に含んでいて、たっぷりビタミンを補充したいという人におすすめです。

 

シミに効く内服薬といってもそれぞれが持つ特徴に違いがあるので、自分に合ったものを見つけてくださいね。

 

 

 

関連ページ

シミに効果のあるサプリの賢い選び方!
シミに効果のあるといわれるサプリはたくさんありますが、どれを飲めばいいか迷いますよね。シミ対策サプリの選び方と効果的な飲み方について調べてみました。
メラニンの色素沈着がシミになる!恐怖のメカニズム
シミはメラニン色素が色素沈着することによって起こります。色素沈着を防いでシミを予防する方法は無いのでしょうか?調べてみました。
質の良い睡眠がシミを防ぐ鍵!
睡眠不足が美容の大敵というのは常識ですが、肌荒れだけでなくシミの原因にもなるということを知っていましたか?シミを防ぐ質の良い睡眠をとる方法について調べてみました。
男性だって美肌になりたい!シミ対策のすすめ
男性の美意識も高まっている今、シミに悩んでいるのは女性だけではありません。男性におすすめのシミ対策について調べてみました。
病院かお店か?シミ用塗り薬はどこで手に入れる?
シミは塗り薬で治療することができます。皮膚科で処方されるものから、市販されているものまでさまざまですが、シミに効く塗り薬にはどんなものがあるのか、調べてみました。
米のとぎ汁でシミ予防!ゼロ円でできるスキンケア
米のとぎ汁で洗顔したりパックしたりすることでシミを予防できるって知っていましたか?最近話題の米のとぎ汁洗顔で、お金をかけずにシミ対策する方法について調べてみました。
野菜を食べてシミを減らそう!効果的な食べ方とは?
野菜を食べることは健康のためだけでなくシミ予防にもいいことです。どんな野菜をどんなふうに食べるとシミ予防に効果的なのか調べてみました。
シミに効く!?椿油の効果と使い方
椿油ってヘアオイルなど色々なものに使われていますが、シミにも効果が期待できるんです!そんな椿油のシミへの効果や使い方をまとめました!
ステロイドでシミができてしまうの!?
アトピーなどによく使われているステロイドはシミになったり黒くなるといわれていますが、本当なのでしょうか?ステロイドがシミにどう影響しているのかをご説明します!
シミにも効果あり!?プロポリスの美白効果
プロポリスの美白効果でシミを予防できるのをご存知でしたか?プロポリスのシミへの効果、美白効果をまとめました!
驚くべきハトムギのシミへの効果
ハトムギがシミにも効果があるというのはあまり知られていませんが、実は驚くべき効果があったんです!ハトムギがシミにどういった効果があるのかご紹介します!
シミが消える!?美白になれる酒粕の効果とは?
酒粕は甘酒などのイメージがありますが、実は美容効果が非常に高くシミなど、美白に優れています。酒粕のシミへの効果や美白になれる方法などをご紹介します!
産後はシミや肝斑(かんぱん)ができやすい?
妊娠中や産後は肌が荒れたり、シミや肝斑(かんぱん)ができたりとトラブル続きですよね。妊娠中や産後になぜシミや肝斑(かんぱん)ができやすいのかをご説明します!
シミの改善ならターンオーバーの促進が大事!
シミをどうにかしたい方はターンオーバーを正常にしてあげるのがなにより大事なんです!どうしてシミにターンオーバーが大事なのかをご説明します!
シミや美白にビタミンCが効果的!
美容に欠かせないビタミンCですが、シミや美白にもてとも効果があります!そんなビタミンCのシミや美白への効果や、含まれている食べ物などをご紹介します!